ホームヘルスジャッジ3ヘルスジャッジ活用術>食事診断の活用法
食事診断の活用法
1.レーダーチャートを利用して

色々な食事パターン(野菜を食べない、お菓子ばかり、過剰な飲酒など・・)を入力して、 栄養バランスや食事バランスがどのようになるのかを全員で予測してみましょう

お菓子ばかり食べていると・・・?
お酒を飲み過ぎると・・・?

また、バランスの悪い食事をどのように調整すればバランスが良くなるのかを全員で検討してみましょう。

バランスの悪い食事→バランスの良い食事
2.食事選択場所を利用して

他にもヘルスジャッジ特有の“食事場所選択”を活用すると、 『一日三食コンビニ弁当ばかりを食べていると栄養バ ランスはどうなるのか?』や『外食ばかりしていると栄養バランスはどうなるのか?』 など特殊な検証を行う事もできます。

もしもこんな食事をしていたら・・・?

~効果的な栄養指導とは、対象者の【考える力】を養うような【考えさせる栄養指導】です。 一方通行な栄養指導はすぐに忘れてしまいかねません。“楽しく考え記憶に残る”栄養指導を心がけましょう! ~

3.結果の栄養バランス詳細を利用して

結果の栄養バランス詳細を用いて、各栄養素の身体に対する役割や、 どのような食品に多く含まれているかなどの説明を行うことができます。

ビタミンDは骨を作るのに必要です。

結果の食事バランスガイドを用いて、食事バランスガイドに関する説明指導を行うことができます。

食事バランスガイドとは

~この他にも様々な活用方法があるかと思います。独自の活用方法を見つけて、オリジナルの指導を展開しましょう!~