ホームヘルスジャッジ3対象者別結果表>CASE1
CASE1:外食の多いサラリーマン

【対象者Data】
45歳、身長175cm、体重75kgのややぽっちゃり体型の男性でデスクワーク中心のサラリーマン。

中間管理職で、悩みを抱える事も多く、ストレスも溜まり気味である。
ストレスの唯一の解消法は喫煙ルームで吸うタバコで、一日に一箱は軽く空けてしまう。
奥さんが作ってくれる朝ごはん以外は外食することが多い。
お酒も好きで、主に肉中心のこってり系の食事を好んで食べている。

運動習慣はほとんどなく、休みの日も家でゴロゴロすることが多い。

CASE1の診断結果表

(印刷サンプル)
case1.pdf
※ヘルスジャッジ2008の結果表です。

栄養士コメント

外食が多く普段から脂っこい肉料理やアルコールを多くとっている可能性があります。食事のエネルギー、脂質、塩分が過剰気味で、バランスがあまりよくありません。さらに運動不足やストレス等もあり様々な生活習慣病の危険性が懸念されます。

朝食を見ると、奥さまがせっかく栄養バランスを考えた食事を出してくださっているのですが、昼食や夕食でバランスが崩されてしまっています。朝食だけでなくできれば昼や夜も奥さまの手作りの食事をとりいれてみてはいかがでしょうか?栄養、食事バランスの改善が期待でき、肥満解消にもつながるかもしれません。

どうしても外食する際は、料理の選び方に注意してみましょう。お酒がお好きなようなので、飲み過ぎを防ぐためにも、食事やおつまみはお酒のすすむようなこってり系の料理は控えめにし、豆腐や納豆などの良質のたんぱく質や野菜料理を積極的にとり入れるようにしてみましょう。なおカルシウムも不足気味なようなので、朝食の後や寝る前にでも牛乳を一日一杯程度飲む習慣を身につけましょう。

またストレスが多いと、暴飲暴食や喫煙等につながりやすいので、リフレッシュを心がける事をオススメします。少しでも時間を見つけたら、ゆっくり休むも良し、体を動かすのも良し、何かを作ってみるも良し、どこかをふらっとドライブしてみるも良し、目先の景色をいつもと少し変えてみてください。きっと心が晴れ晴れするのではないでしょうか。

■対象者別結果表へ戻る