ホームヘルスジャッジ3対象者別結果表>CASE2
CASE2:食事はバッチリ・・・でも生活習慣が乱れがちな大学生

【対象者Data】
22歳、身長171cm、体重65kgの普通体型の男子大学生。

食事は栄養バランスが考えられた寮や食堂の食事を3食食べているのでバッチリ!
研究室に属し、毎日夜中の帰宅になるなど忙しい生活を送っているため睡眠は著しく不足気味でストレスも多い。

ストレスの解消法はお酒とタバコである。 また運動をする機会も少ないため最近体力の衰えを感じ始めている。

CASE2の診断結果表

(印刷サンプル)

case2.pdf
※ヘルスジャッジ2008の結果表です。

栄養士コメント

生活習慣は少々乱れがちなようですね。食事に関しては塩分が多少高めではありますがバランスも中々良く素晴らしいです!

ただし、普段お酒をたくさん飲まれるようなので、お酒やおつまみでエネルギーオーバーになってしまっている可能性があります。お酒の飲み過ぎは血圧を上昇させて生活習慣病のリスクを増大させたり、アルコール代謝に関わる肝臓に負担をかけ、肝機能低下を引き起こす可能性があります。お酒やおつまみは1日に併せて200kcal程度を目安に『楽しく適度に』とるようにしましょう。なお、アルコールの適正量は純アルコール量20g未満で、ビールなら中ジョッキ1杯、酎ハイなら缶1本、日本酒ならお銚子1本程度が目安です。

また運動が不足気味なようなので、何かできることから始めてみましょう。『運動』というと辛く苦しいイメージがあるかと思いますが、激しい運動だけが運動ではありませんし、いきなりハードな運動から始めると継続しない場合があります。まずは日常生活の中で歩数を増やす事を目的にしてみましょう。例えば近距離移動のときは乗り物を使わずに歩いたり、エレベーターより階段を使ってみたり、休みの日はショッピングに出かけてみたりと、これだけでもかなり効果的です。慣れてきたら、1日10~30分程度の散歩の時間をつくりましょう。散歩は運動不足を解消するだけでなく、リフレッシュの効果もありストレス解消にもつながりますよ!

なお睡眠不足の解消のためには睡眠時間の延長をオススメしますが、忙しくて時間がとれないのであれば、お昼時間に少し睡眠をとるようにすると良いでしょう。昼寝の1時間は夜寝の3時間に値すると言われています。1日30分程度を目安に昼寝をしてみませんか?


■対象者別結果表へ戻る