ホームヘルスジャッジ3対象者別結果表>CASE4
対象者別結果表 CASE4:ダイエット志向の高いOL

【対象者Data】
24歳、身長165cm、体重45kgのやせ型の女性で主にデスクワーク中心OL。

一人暮らしなので食事は主に家で食べる。 ダイエット志向が強く、食事は主に野菜や野菜ジュースが中心の極端なベジタリアン。
朝食は抜くこともしばしば。 飲酒、喫煙などの習慣はとくにない。

週に数回はジムに通って、ダイエットに励んでいる。

CASE4の診断結果表

(印刷サンプル)

case4.pdf
※ヘルスジャッジ2008の結果表です。

栄養士コメント

とても健康的な生活習慣をおくっていらっしゃるのですが、残念ながら食事や栄養バランスがあまり良くありません。お野菜を沢山召し上がられる事は素晴らしい事ですが、野菜ばかりでは様々な栄養素が不足してしまう事が栄養バランスレーダーチャートから伺えると思います。極端に野菜料理ばかりに偏ると健康な身体をつくるために必要なタンパク質や脂質が不足しやすくなり、エネルギーも不足がちになり、身体活動力や脳の活動力が低下してしまいます。

食事はご飯やパンなどの炭水化物を中心に、肉や魚や卵などもバランスよくとりいれましょう。肉や魚などに抵抗があるのであれば、良質なたんぱく質を含む豆腐や納豆などの大豆製品や、良質な脂肪酸、カリウム、鉄分、食物繊維を多く含むアボガドなどを代わりにとりいれても良いでしょう。

なお、カルシウムやビタミンDの不足も目立ちます。結果表にもありますが、骨をつくるカルシウムなどが慢性的に不足すると、将来骨がスカスカになり骨折しやすくなる骨粗鬆症を引き起こしてしまう可能性があります。牛乳・乳製品や小魚や海藻などのカルシウム源や、きのこや魚などのビタミンD源も食卓にとりいれましょう。もし牛乳などの脂質が気になるのであれば“低脂肪”のものを選んでみてはいかがでしょうか?まずは朝食に牛乳と栄養バランスのいいバナナ一本でも食べる事から初めましょう!

また、ビタミンDは太陽光で活性化するので、晴れた日に少し外を散歩したり、適度な日光浴を心がけましょう。


■対象者別結果表へ戻る