ホームヘルシーメーカープロ501献立分析編 >プロジェクト管理
プロジェクト管理

献立分析編:プロジェクト画面
※クリックで拡大します。

献立データはプロジェクト単位で管理されます。

作業内容に応じてプロジェクト情報を作成してください。

献立は日付管理、コード管理(食事区分有)、コード管理(食事区分無)の3パターンで管理できます。

各種設定内容はプロジェクト単位に設定することが可能です。

複数の異なる設定のプロジェクトを管理できるので、様々な業務に対応することが可能です。

■プロジェクト単位で3パターンの献立データを管理。目的に合わせて管理方法を選択。
プロジェクト単位で3パターンの献立データを管理


喫食者数を献立単位、食事区分単位で設定できます。

日本人の食事摂取基準(2015年版)、またはオリジナルの食事摂取基準を設定できます。日本人の食事摂取基準(2015年版)を設定する場合は、年齢・性別・身体活動レベル・妊婦区分を設定する必要があります。

適正比率、食品群別表、適正摂取量、食品交換表、適正単位を設定できます。